中古車査定 鍵紛失

査定なのに鍵を紛失してしまった場合の対応は?

当然ですが、車の査定ではボディーなどの外観だけでなく、車内の状態やエンジンルーム、トランクなどのチェックも行われます。

また、エンジンの状態を確認するために、試走はしないまでもエンジンをかけれなければ査定になりません。

ですから、査定を前にして車の鍵が見つからず車のドアを開けられないことがわかったら、すぐに買取店に電話して査定日を延ばしてもらい、新しい鍵をつくらねければなりません。

車内に鍵を閉じ込めたことがわかっている場合は、JAFや自動車保険の無料ロードサービスに連絡すればドアを開けてもらえるでしょう。

どこに紛失したかわからない場合は、新しい鍵を作ってもらうことになります。


■新しい鍵の費用は2万円前後?

新しい鍵を作ってもらうのはディーラーになります。

ディーラーではキーシリンダー番号から新しい鍵を作ることができますので、鍵がなく乗れない車のところへ来てもらいます。

リモコンキーの場合は、部品を購入して車にセットしてある受信装置に周波数を合わせることになります。

このリモコンキーのセッティングは簡単で自分だけでもできるようですよ。

費用は車種によって違いますが、多くても2万円ぐらいあれば足りるようですね。


■イモビライザー付きの場合はちょっぴり厄介

イモビライザー付きの車のキーを紛失してしまうとちょっと面倒なことになります。

鍵の複製だけではドアは開きますがエンジンがかからないということになります。

イモビライザーの電子部品とエンジンの電子部品も交換になってしまい、費用も高価になってしまいます。

なお、キーレスエントリーなど、リモコン機能のあるメインのキーを紛失し、スペアキーだけの状態で売る場合は、査定でマイナス評価になりますので念のために。


<中古車査定のお得情報>
無料訪問査定なら車検切れでも査定・売却ができます。
  ⇒ 車検が切れたらどうやって査定を受ける?
本当に便利になりました。

軽自動車の任意保険は本当に安いのか?