中古車査定・買取 概算査定

メールや電話での概算査定額は高めだと思った方が良い

車を売ろうと思い、買取専門店のネット査定や一括査定で査定を依頼すると、まずメールや電話で概算の査定額が伝えられます。

この概算金額は実際に車をチェックする前に提示されるものであるため、その金額で実際に売れることはまずありません。

正式の買取金額は出張査定などで実際に車をチェックして算出された査定金額になります。

注意が必要なのは、この実車の査定により概算額から査定額が大きく下がってしまう場合があるということです。

概算額を聞いて「意外にいい値段だった」などと喜んで物事を進めてしまうと、正式な査定額の提示によりショックを受けたり資金計画が狂ったりするかもしれません。

メールや電話、口約束での査定金額というのは、決定した正式のものではないとしっかり認識しておかなければなりません。


なぜ実際の査定で査定額が下がってしまうのかについては色々な見方があるようです。

その中でもなるほどと思えるのは、訪問査定をさせてもらい買取りをするための呼び水として高めの概算額を提示するのではないかというものです。

各社競争になる一括査定の場合は特にその傾向があると言う方もいます。

何か釈然としない面もありますが、まあ、概算査定額というのは損なもんだと割り切ればいいのでしょうね。

勝負は実車の査定のときなのですから、大事にしてきた車ならいい点をアピールして評価してもらえばいいでしょう。


また、すぐに売るつもりはなくとりあえずネットで概算の相場を知りたいという場合は、買取店の査定でなく次のような査定サイトを利用する方が面倒なことがなくていいかもしれませんね。

買取相場検索

Goo買取オークションサイトというサイト相場検索ページです。

買取業者からのメールなどがなく、安心して利用できますよ。



<耳寄りな話>
軽自動車任意保険の種類は3種類。
代理店型、通販型、共済のうち一番保険料が安いのは通販型でしょう。
軽には通販型の任意保険が似合います。