中古車査定・買取 トラブル

困った!車検証が見つからないよ

当然ご存知でしょうが、車検証は、常に自動車に積んでいなくてはならないものです。

法律(道路運送車両法)のことを言えば、「車検証不携帯」だと50万円以下の罰金ということになりますよ。

また、車検証がないと、車の査定もしてもらうことができません。

では、車検証をなくした場合はどうすればいいのでしょうか。

車への常備が義務づけられている車検証ですから、直ちに再発行の手続きを行う必要があります。

くれぐれも不携帯で罰金を課されるようなことにならないように。


■普通車の場合は陸運支局で再発行手続きをとる

普通乗用自動車の場合、車検証は陸運支局で再発行してもらうことになります。

再発行に必要な書類等は、

・ナンバーを記載したメモ

・身分証明書(運転免許証)

・理由書

・認印

破れたりはしているが車検証自体が残っている時は「理由書」が要りません。

かかる費用は、申請書の用紙代:100円程度、・再交付申請手数料:300円です。


■軽自動車は管轄の軽自動車検査協会で再発行手続き

軽自動車の車検証の再発行手続きは管轄の軽自動車検査協会で行います。

まず市区町村の役所で住民票をとります。

住民票と印鑑を持って軽自動車検査協会へ行き、申請書を購入して必要事項を記入。

住民票と一緒に申請書を出し、新しい車検証を発行してもらいます。

紛失した車検証が後で見つかったら軽自動車検査協会に速やかに返還しなければなりません。

費用は普通車と同じく、再交付手数料が300円、用紙代が100円程度です。


<軽自動車のお得情報>
新卒、入学、入社などの春先には軽自動車の相場が上がります。
  ⇒ 軽自動車が高く売れる3月
軽自動車は中古車の人気も高いですね。



※こんな話どうかな?
軽の保険に通販型はピッタリ。
保険料が安くて維持費が安いという軽のメリットを損なわないからです。